• HOME
  • 芸科生の活動
  • 大学院生の活動
  • 卒業論文
  • イベント/お知らせ
  • 学科紹介
  • 大学院研究科
  • 教員紹介

大学院生の活動

修士論文リスト

年度 執筆者 題目
2017 原田 慎太郎 ディートリヒ・ブクステフーデの宗教的声楽作品における敬虔主義的影響―混合テキストとErbauungの精神
The Influence of Pietismus on Dietrich Buxtehude’s Sacred Vocal Works.―His Composite Texts and the Spirit of “Erbauung.”
櫻井 秀則 大人向け長編アニメーションを開拓した虫プロの「アニメラマ」作品―『千夜一夜物語』、『クレオパトラ』と『哀しみのベラドンナ』の製作背景について―
The development of adult-themed feature animation in Japan. An examination of the production background of Mushi Production's Animerama films.
シン ウンギョン 森田芳光と80年代ーその映画的特徴と同時代性を読み解く
Morita Yoshimitsu and the 1980s: Examining Characteristics and Contemporaneity of his Films
宮内 典子 三遊亭圓朝の「幽霊」受容論―『怪談牡丹燈籠』を中心に
Gohst “acceptance” theory of Sanyuutei Encho -Focusing on ”Kaidan-Botan-Dourou”
2016 高津 つぐみ 岩田専太郎の画風分析-吉川英治作「鳴門秘帖」を中心に-
The works of Iwata Sentaro’s drawing by “Naruto hityo” written by Yoshikawa Eiji.
2015 熊坂 久美 飯島虚心の生涯と美術に関する著述
Life and work on art of IIJIMA Kyoshin.
山田 真弓 ルイ・シュポーアのロマン派的オペラ《ファウスト》におけるリブレットと音楽の関係性−作品改訂の詳細およびリブレット分析に基づく考察
Relation between Libretto and Music in Louis Spohr´s Romantic Opera Faust - Detailed Study on Revision and Analysis of Libretto.
山口 英里 北ドイツオルガン楽派とStylus phantasticus――理論と実践の相互的発展――
The North German Organ School and Stylus Phantasticus――Mutual Development of Theory and Practice――
野口 春花 映丘門人・小村雪岱―「雪岱調」以前の画業について―
KOMURA Settai and his master, MATSUOKA Eikyu―Works before "Settai-cho"―
2014 井崎 麻結 「ゆかり王国」はいかに語られたか - 田村ゆかりのファンの言説分析
A discourse analysis on "Tamura Yukari Kingdom"
小原 賢佳 明治・大正期における西洋美術受容−村山槐多を中心に
Western art reception of Meiji and Taisho era , Focusing on the Murayama Kaita.
原口 有紗 ジョージア・オキーフ再考―「女性芸術家」をめぐる文化的諸要素の考察
Reconsideration about Georgia O'Keeffe: A Study of Cultural Factors over the“Women Artists”
2013 高取 秀征 『大砂塵』シークエンス分析-エモーショナルな空間演出に関する「過剰さ」について
Analysis of ‘Johnny Guitar's Sequence,The way how Nicholas Ray made Emotional spatial Presentation
岸本 乃芙子 18世紀フランスの画家ガブリエル・ド・サン=トーバンとそのサロン情景画についての研究
Analysis of a series of “The View of the Salon” by Gabriel Jacque de Saint-Aubin.
北山 隆之 日本の自費出版における自分史の歴史的展開
The History of “Jibunshi” : Self-narrative movements and the publishing industry in Japan.
ク ミナ 「日本軽佻派」を通してみた川島雄三の反発と逆説
Resistance and Paradox of Kawashima Yuzo from the Perspective of Nihon Keicho-ha (Japan Flippant School)
2012 西 美弥子 子ハンス・ホルバイン作《ホワイトホール・パレスの壁画》のヘンリー8世像についての一考察
A study on the image of Henry VIII in the mural of Whitehall Palace
painted by Hans Holbein the Younger
藤田 麻希 杉浦非水の創作
――芸術としての図案を求めて――

The Creation of Sugiura Hisui
――A Quest for Design as Art――
尾白 拓哉 ローベルト・シューマンの「祖父の踊り」引用の変遷
The transition of Robert Schumann's quotations from the “Grossvatertanz”
金古 翠 『雨月物語』における音楽
The music of “Ugetu”
長島 史恵 18世紀末のロンドンのコンサート活動における新聞広告の役割
− 広告の分析と考察

Newspaper-advertising and Concert Life in Eighteenth Century London; Observation on Functions of Puffs.
ファン・ギュンミン 「座頭市」シリーズにおける男性性と戦後日本社会との関係性研究
An Examination of the Relationship between Masculinity in the Blind Swordsman
Series and Japanese Society in the 1960s
宮本 裕子 アニメーションのアトラクション性
―初期映画研究からアニメーションを見る

Attractions of Animation--An Examination of Animation from the Theoretical Perspectives of Early Cinema
2011 野 光人 武満徹の創作活動における瀧口修造との共鳴
Sympathy with Shuzo Takiguchi in the creative activity of Toru Takemitsu
大熊 ゆま つくる
ドキュメンタリー映画作家松川八洲雄の仕事
―その芸術と時代―

The Art of Creation
:Art and Period in the Work of Documentary
Filmmaker MATSUKAWA YASUO
小出 久美子 絵金の芝居絵屏風と上方の芝居絵の影響関係
―錦絵、絵看板、絵入根本を中心に

Influential relationship between Ekin’s shibai-e byōbu and Osaka prints
―Particular focus on nishiki-e, e-kanban and eiri-nehon
原口 あい 大野一雄とエロス
―60年代暗黒舞踏創成期を中心に

Kazuo Ohno and Eros―Particular focuss on the early period of Ankoku-Butoh in the 60s
矢田 香緒里 コスプレが生成する「場」
―コスプレ・イベントのエスノグラフィー

An ethnography of Cosplay events.
2010 阿部 久瑠美 1970年、<トポス>としての新宿
―プログラム・ピクチャーに描き出された新宿の表象分析―

1970, SHINJUKU as 〈Topos〉
-Analysis of SHINJUKU representation in Program Picture Films-
小俣 ゆずり 映画『昼顔』から読み取るルイス・ブニュエル
Luis Bunuel from Belle de Jour
高崎 郁子 1915年の映画におけるサスペンス
―『レ・ヴァンピール 吸血ギャング団』を中心に

Suspense of Cinema in 1915
--Analysis of Les Vampires
阿久津 三香子 若きシェーンベルクと世紀末ウィーンの労働者合唱運動
Young Schoenberg and worker chorus
movement of fin de siècle Vienna
前田 友久 根来と根来塗―その実像と受容をめぐって―
The lacquer of Negoro and Negoronuri
和田 真里奈 イジー・メンツェルの1960年代の作品から見るチェコ・ニューウェーブ
Czech New Wave seen from Jiří Menzel's works of the 1960s
2009 該当者なし 該当なし
2008 高橋悠治論
―1962年から1981年までの高橋悠治の作曲理念の連続と断絶

Yuji Takahashi-continuities and discontinuities
of composition approaches in the year 1962-1981
日本シュルレアリスムの受容−ダリの幻影
Acceptance of Japanese Surréalisme
-a vision of Salvador Dali
『ジャコ萬と鉄』の分析
Analisis of “Jacoman and Tetu”.
大正期京都が生んだ女性画―村山槐多と甲斐庄楠音を中心に
Image of Female Idea in Kyoto, Taisho period
; with Kaita Murayama and Tadaoto Kainosho
2007 「東宝版『次郎長三国志』シリーズに見るマキノ雅弘のスタイル」
「Makino Masahiro's Style in the Jirocho Sangokushi Series
by Toho Studio」
鈴木鎮一「奏法の哲学」再考 〜スズキ・メソード前史〜
A Reconsideration of Shinichi Suzuki’s “Philosophy of
String Playing”〜The Prehistory of Suzuki Method〜
「パリ時代の岡本太郎 1929-1940 ―<画家>岡本太郎の研究」
「The Study of Taro Okamoto as Painter
-mainly when he lived in Paris 1929-1940」
「浅井忠作・パノラマ考―明治時代の美術受容と浅井忠」
“An consideration of Cyu Asai’s panorama
―Cyu Asai and public construction of《Bijyutu》at Meiji era”
『英一蝶の新研究 − 俳諧的手法の考察』
The New Examination of HANABUSA Itcho
〜the consideration to his technique of haikai
ケネス・マクミラン振付による《ロミオとジュリエット》の一考察
―バレエにおける内的表現の探究

A consideration of Romeo and Juliet
by Kenneth MacMillan’s choreography
---Exploration about internal expression in ballet
2006 『ロベルト・ロンギのパゾリーニ詩学への影響』
--映画における絵画的引用をめぐって--

Influence of Roberto Longhi on Pasolini poetics
--Over a painterly quotation in films--
日活の「太陽族映画」をめぐって(『狂った果実』を中心に)
―文化的な複合体としての石原裕次郎のナショナリティと欧米性

Over the “sun tribe movie” in Nikkatsu (mainly on the Kurutta kajitsu)
- It is a nationality, European and American sex of Yujiro Ishihara as a cultural complex
ゾンビ映画研究:ジョージ・A・ロメロ
『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』を中心に

(Study of Zombie Films which center on George A. Romero’s
Night of the Living Dead)
アジア・太平洋戦争期の美術
〜川端龍子を中心に〜

Art of Asia and the Pacific Ocean war period.
-Mainly Kawabata Ryushi-
2005 ルイ・フィリップのスペイン・ギャラリー(1838年―1848年)
――19世紀フランスにおけるスペイン趣味――

The galerie espagnole of Louis-Philippe(1838―1848)
The French taste for Spanish painting in 19th century
マチブイ★ローリングボウルズ2005――――――高嶺剛と沖縄の表象
Matibui・Rolling balls 2005−−−Go Takamine and
representation of Okinawa
バレエにおける音楽の役割の変遷
〜《牧神の午後》の考察を中心に

Changes of function in ballet music
-Nijinsky’s L’Après-midi d’un Faune
「伊藤若冲晩年期作品について
―二つの障壁画を中心に―」

“Jakuchu’s Paintings in his last years”
クロード・ドビュッシーの受けたガムラン音楽の影響について
―ピアノ作品に見られる音響効果の考察―

What Debussy Acquired from the Javanese Gamelan Music
―A Study of the Sound Effects in Debussy’s Piano Works―
「風俗画における僧侶像の系譜」
“Images of priest in the genre paintings”
マリア・ブラウンの結婚』と『13回の新月のある年に』
のあいだ:身体、批評、社会

From The Marriage of Maria Braun To Berlin Alexanderplatz
ドビュッシーのオペラ《ペレアスとメリザンド》の
間奏曲に見られる《ボリス・ゴドゥノフ》からの影響

The influence of Boris Godounov that appears
in a interlude of Debussy’s Pelléas et Mélisande
『ワーグナー作曲
《ピアノ独奏のためのポロネーズ ニ長調》WWV 23Aと
初期作品の自筆譜研究』

"A study of Wagner's《Polonaise in D-sharp for two hands》
WWV 23A and other juvenile autograph manuscripts"
G・リゲティ《Le Grand Macabre》
オペラ構想の変遷研究
~台本4種の比較検証~

(G.Ligeti. Le Grand Macabre
Change of the Opera Concept
―Comparative Research for 4 Libretti―)
『ダンス映像史の起源』
〜運動の解体、記録、そして再構築〜

“ The beginning of dance films history”
〜dissection, capture and reassemble of motion〜
ウェールズのバード音楽における24のメジャー
―17世紀以前のウェルシュ・ハープの諸相―

The Twenty-Four Measures of the Welsh Bards
~Aspects of Welsh Harp before the Seventeenth-Century~
2004 松浦屏風について
The Matsu−ura Screens
アーサー・サリヴァンとサヴォイ・オペラ
サリヴァンの「二面性」と新たなオペラ書法の探究をめぐる研究

ARTHUR SULLIVAN AND SAVOY OPERA:
A Study on His Duality in a Search for the New Style of Opera
マルセル・デュシャンの初期作品について
――キュビスム・ナショナリズム・反カトリシズム――

Early Works of Marcel Duchamp
――Cubism・Nationalism・Anti-Catholicism――
吉永小百合
日活純愛路線と1960年代初頭における日本の戦後民主主義

Yoshinaga Sayuri: Nikkatsu Junai Rosen and Democracy
for Japanese in Early 1960s
占領期日本映画の近代性研究
アイディア・ピクチャーと木下恵介の作品における女性表象を中心に

A Study of the Modernity of Japanese Cinema
during the Ocupation Period:
focus on the representation of women
2003 伊藤若冲の芸術と病理
―病跡学の視点から

The Art and Pathology of Jakuchu Ito
: Artist from a View of Pathographie
7月王政期公共装飾の様相
―ノートルダム・ド・ロレット聖堂を中心にー

An aspect of monumental decorative painting in France during
the July Monarchy (1830-1849) : The piecemeal decoration of
Notre-Dame-de-Lorette.
戦後、日本映画における在日韓国・朝鮮人の表象
The representation of Korean resident in
Japanin postwar Japanese Film
バレエ・リュスの芸術
―詩人、柳澤健の視点から―

The art of Ballets Russes :
About the viewpoint of poet Ken Yanagisawa
ロシアにおけるバッハ受容史
――もうひとつのロシア音楽史――
第1部 西風をうけて

A History of Bach Reception in Russia
2002 映画のもたらす伝統―大東亜共栄圏への映画輸出論に関する考察―
Tradition led by film
―Consideration about a discourse of film exports to daitoakyoei bloc―
<現代人>伊丹 万作
Itami Mansaku, a director of contemporary film

page top pagetop