• HOME
  • 芸科生の活動
  • 大学院生の活動
  • 卒業論文
  • イベント/お知らせ
  • 学科紹介
  • 大学院研究科
  • 教員紹介

芸科生の活動

「芸術メディア論演習3」映像作品公開にあたって

本学芸術学科の授業で制作した映像作品の一部を公開します。

この授業は、メディアを活用した様々な表現方法を実践的に学ぶことを目標としています。
春学期、秋学期それぞれ3セッションの課題に取り組み、以下のようなメディア表現の基本を学んでいきます。

  • 日常生活の中から表現の種を見つけ出す。
  • グループでディスカッションしながらコンセプトを練り上げていく。
  • アイデアや想いを「かたち」にするための方法論や作業手俊を体得する。
  • 自分が伝えたいことを人に伝えられるように想像力を鍛える。

今回公開する作品集は、秋学期最後のセッション「3分間をキャンパスに・・・」の課題作品です。
映像には様々な形式がありますが、映像制作の本質はいかに時間を構成するかということです。
決められているのは、タイトル通り「3分間」という時間の枠だけ。
映像には様々な形式がありますが、映像制作の本質はいかに時間を構成するかということです。
どんなテーマを、どういう表現方法で、いかに伝えるか、すべて各グループの自由なディスカッションにゆだねられます。 「自由」であることの難しさと戦いながら、各自のスキルを持ち寄り、紡ぎだしたそれぞれに個性豊かな「3分間」です。
この授業を通して、何気ない日常を創造的に見る発想力や、想いを「かたち」にするために意見の違う人とも力を合わせて新しいものを作り出していく創発力を鍛えてくれればと願っています。

文学部芸術学科 芸術メディア系列
教授  古川 柳子

page top pagetop