• HOME
  • 芸科生の活動
  • 大学院生の活動
  • 卒業論文
  • イベント/お知らせ
  • 学科紹介
  • 大学院研究科
  • 教員紹介

イベント/お知らせ

明治学院大学文学部芸術学科・言語文化研究所共催
川島雄三は二度生まれる

 今年は、「稀才、奇才、鬼才」と謳われた映画監督・川島雄三の生誕100年に当たり、さまざまなイベントが開催されており、川島雄三に関する書籍もいくつか出版予定です。
 本シンポジウムでは、水声社から出版予定の川崎公平・北村匡平・志村三代子編『川島雄三は二度生まれる』の編者と数人の執筆者が集まり、川島雄三映画の魅力と現代性について存分に語りあいます。

【日程】2018年11月10日(土)
【開場】10:30 【開会】11:00(17:30閉会予定)
【場所】明治学院大学白金キャンパス2号館2202教室
【主催】明治学院大学文学部芸術学科/言語文化研究所
※予約不要・入場無料

【タイムテーブル】
10:30~11:00 受付
11:00~11:30 斉藤綾子(本学教員)
          前説 「川島雄三の魅力」
11:45~12:15 上野昻志(映画評論家)
         「川島雄三の女たち、あるいは川島雄三と井上靖」
12:15~12:45 志村三代子 (都留文科大学)
         「疾走/喧嘩する「三十娘」−−川島映画のなかの淡島千景をめぐって」
12:45~14:00 ランチブレーク
14:00~14:30  ク・ミナ(本学言語文化研究所外国人研究員)
         「思想からの積極的逃避−−川島雄三と風俗映画」
14:30~15:00 川崎公平(日本女子大学)
         「負債と媒介−−川島雄三監督作品における未来のイメージ」
15:00~15:30 北村匡平(東京工業大学)
         「壊乱するスクリーン——川島的フレームとフランキー堺の狂騒」
15:30~16:00 渡邉大輔(跡見学園女子大学)
         「川島雄三と交錯する戦後日本のメディア状況」
16:00~16:20 休憩
16:20~17:30 ラウンドテーブル 「時代がやっと川島雄三に追いついた!」
 
<アクセス>
都営浅草線「高輪台」駅下車 A2番出口 徒歩約10分
東京メトロ南北線「白金台」駅下車 2番出口 徒歩約10分
JR「目黒」駅、「品川」駅より都バス(品93系統)で10分 「明治学院前」下車
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/(キャンパス案内)
 
<お問い合わせ>
明治学院大学文学部芸術学科共同研究室 Tel:03-5421-5380
http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/

 

[掲載日 : 2018-10-12 (Fri)]